結婚式のお祝いに 印鑑

印鑑はどこで作るのが良いか

実印

よく印鑑は実際にお店に行って実物を見てから購入するという人がいますがそこまで神経質になる必要はないです。それはどうしてかというと、今の時代は普通にネット通販で何でも購入できるようになったからです。
ですから、無理に印鑑を購入するのに実店舗で購入する必要はないです。それどころか実店舗に行って印鑑を購入する方がデメリットが多いとも言えます。
具体的に言うと、どういう点で実店舗で印鑑を購入するメリットがあるのかというと一番は実店舗で印鑑を購入しようとするとついつい店主の言いなりになって本当はもっと安い印鑑を購入したいと思っていても勧められるままに高い印鑑を購入してしまう事はよくあります。
ですから、印鑑を購入しようと思った時はあまり実店舗で購入する事を考えないでインターネット通販を使って印鑑を購入するのベストです。
それで店員に惑わされる事なく安心して印鑑を購入できるようになります。少なくとも私はそうやってこれまで印鑑を購入して本当に良かったと思いました。
ですから、これから印鑑を購入しようと思っている人は実店舗にすぐに行かずにもっと安く買えるインターネット通販を利用される事をおすすめします。それで私はお得に印鑑が買えました。

印鑑登録は必要?手続きは?

普段の生活ではあまり気にかけることはないのですが人生での大きな買い物、家やマンションなど不動産を売買する時には実印の印鑑証明が必要になります。その他、公正証書を作成するときも必要になります。公正証書にはピンとこなくても家の購入となると必要かも?と考える方は多いのではないでしょうか。いざという時、慌てなくて済むように印鑑登録について知っておきましょう。
印鑑証明を発行するためにはまず、印鑑登録をしなければなりません。印鑑登録は登録された印鑑により登録した個人・法人を証明する制度です。つまり、登録された印鑑と登録した本人が関連づけられることにより、印鑑は本物ですよと第三者の公的機関から証明されるというわけですね。それほどの意味をもつものですから誰にでも手にはいるような印鑑を登録するのは考えものですね。ですから、普段使う印鑑と分けたほうが良いとされるのも納得できますね。
どこで登録するのでしょうか?住民登録をしている市役所で登録を行います。登録出来る印鑑には大きさに決まりがあり、一片8ミリから25ミリに収まるものとされています。
登録が終わると「印鑑登録証」というカードが発行されます。印鑑証明書を交付する時に必要になりますので、このカードと登録された印鑑は大切に保管してくださいね。

印鑑と自立

今年の春、大学生になって一人暮らしを始めました。今までは印鑑を使う機会なんてなかったのに、途端に印鑑を使うことが増えて戸惑いました。大学の入学許可書の記入から始まり、引っ越し手続き、マンションの契約、住民票の移転…。数えればキリがありませんが、中でも苦労したのは預金通帳の印鑑登録でした。
今までは口座に関する手続きなんて全部母まかせだった私。いざ、一人暮らしをはじめて口座からお金を引き落とそうとすると…まさかのキャッシュカードが使えないと言う事態に。あわてて本店にかけこみ手続きをしようとするも、「登録された印鑑はお持ちですか?」
母が登録していた印鑑は私が持っている100円均一で買った安物とは違う、オーダーメイドのもの。もちろん、一から登録し直しをするはめになりました。すぐに引き出したかったお金は、1週間後までお預けになり、しょんぼりして家に帰ったのを覚えています。
印鑑ってめんどくさーい!そう思っていた私に、母から少し遅れて入学祝いが届きました。それは、私の好きなキャラクターの描かれた印鑑入れでした。それまでは印鑑を剥き出しで持ち歩いていた私でしたが、ケースを手に入れると不思議と印鑑に愛着を持つようになりました。
印鑑は自立への第一歩への象徴かなと思います。これを持つことによって、子供のときにはさせてもらえなかった契約や手続きを任せられた感じがして、面倒臭いけど、悪い気はしないですね。

イチオシ

意外と必要 シャチハタでは無く印鑑

普通に生活している時に便利なのはシャチハタタイプです。お届けものが届いた時や仕事先でも必要なシーンはたまに出てきます。しかしながら、印鑑を使う…

もっと読む

印鑑を探す楽しみ

私の苗字はかなり珍しい苗字で苗字数のランキングで1000位以内にも入りません。そのため印鑑は大体専門店で発注して購入し、今使っている印鑑も10…

もっと読む

印鑑は手軽に手に入るようになりました

印鑑というと色んな場面で必要となるものですが、今は100円ショップでも難しい苗字でなければ手軽に買えるようになりました。自分だけの印鑑をきちん…

もっと読む